ライフスタイルにキラリを届けます。インテリアショップキラリオ15,000円以上ご購入で送料無料

  • magazine
  • fb
  • tw
  • instagram

storyイメージ

夫婦の夢がぎゅっと詰まったお店。

「BURLESQUE(バーレスク)」。

2019年3月、JR山陰本線に「梅小路京都西」駅が開業しました。
今の時期は桜の通り抜けも楽しめる緑豊かな「梅小路公園」のすぐ近くに位置する、こちらの駅から徒歩6分。
ハンバーガーショップと美容室のコラボという、珍しい業態のお店があります。

「BURLESQUE(バーレスク)」は、旦那様がハンバーガーショップ。奥様が美容室を営むお店です。
外観からだと、「ん?何のお店?」と思わず中を覗き込んでしまいたくなるお店には、ご夫婦それぞれの夢がぎっしり詰まっているんです。
一体どんなお店なのか…。お話をお伺いしてきましたので、是非ご覧ください。

ハンバーガーショップと美容室のコラボ「BURLESQUE」。









BURLESQUEは、「梅小路京都西」駅から徒歩6分。七条七本松通沿いにあります。

元々、打ちっぱなしコンクリートの倉庫だったという店内は、インダストリアルな空間に店主こだわりのアンティーク家具や小物たちがおしゃれにレイアウトされており、ポップな中にも落ち着いた雰囲気があり安心感を与えてくれます。
陽の光が優しく差し込む明るい店内と、ここかしこに置かれたグリーンが心を癒してくれるので、ついつい長居したくなる居心地の良い空間が印象的です。

手前がハンバーガーショップ、奥が美容室になっており、家族連れやご夫婦で来店し、誰かが美容室で髪をカットしている間にハンバーガーを食べながら待つ…なんていう光景もしばしば見られるとか。

ご夫婦それぞれの夢。





結婚当初、旦那様はカフェ、奥様は美容室と、それぞれ別々のお店に勤めていました。その時は、お互いに独立することは何も考えていなかったと言います。

きっかけになったのは、前々から夫婦で行ってみたいと話していたニューヨークへの旅行でした。
雑誌等で見るアメリカンなお店の数々に魅せられて、いつか自分の目で見てみたいと考えていたお二人。実際に訪れた時の衝撃が今につながっています。

そこは、まさに自由の国。レコード屋とラジオ局が一緒になっていたり、レストランの中に古着ショップが併設されていたり。これまで、「お店とはこういうものだ」と考えていた固定観念が一気に吹き飛び、もっと自由な発想でお店を構えたっていいんだ…!という気持ちになったのです。

それまで独立は考えていなかったお二人でしたが、それぞれが勤めて10年以上が経ち、次のステップを考える時期に差し掛かっていたことも作用して、夫婦でお店を持つことに大きな一歩を踏み出す決心をしました。



店頭の看板には「Beauty salon」と「Eat space」の文字が。





アメリカ・ニューヨークを彷彿させる内装は、まさにブルックリンスタイル。
これらも、本場ニューヨークでの体験が大きく影響しているのだとか。









店内に飾られているインテリアや家具は、ほとんどがお店のオープンに合わせて購入されたものですが、中にはご自宅から持ってこられたものもいくつかあります。
お二人の趣味がお店とリンクされているところも、魅力のひとつですよね。

全体的なバランスを重視した絶品ハンバーガー。





ハンバーガーのこだわりは、できるだけシンプルなものにするということ。
素材にこだわり、流行りの背の高い大きなバーガーだけではなく、食べやすさや全体的なバランスを考えて商品開発されています。

新作のクラシックチーズバーガーは、バンズをかなりライトなものにリニューアルしました。チーズやパティがかなりジューシーで濃厚なため、全体のバランスを考えて食べやすさを追及したもの。
常に進化するため、既存の人気商品であってもさらに美味しくするためにはどうすればいいのか、常に研究を続けているのです。



パティは、「スマッシュ」というお肉を押しつぶしながら焼き上げるスタイルを採用しています。
ぎゅーっと押しつぶすことで表面はカリッと香ばしく、中は肉汁が閉じ込められてジューシーな仕上がりになるのです。



焼きあがったパティの上にチーズを乗せて、さらに焼きます。
こうすることで、パティとチーズが一体化してハンバーガー全体の統一感が増します

映画「バーレスク」のステージをイメージした美容室。











奥の美容室は、専門学校を卒業してからこれまで、ずっと美容業界に従事してきた奥様のご担当。
ハンバーガーショップから、少しの階段を登ったところに美容室の入口があります。映画「バーレスク」に出てくるお店が、手前はBAR、奥にショーをするためのステージが設置されており、そのお店に憧れて店造りの参考にされたそうです。

11年勤めていた美容室を辞めて独立の道を選ばれた奥様ですが、まったく別の場所にお店をオープンしたため、美容院に勤めていた頃の顧客等を一切引き継がず、ゼロからスタートされました。
独立後の運営や経営のことも、もちろん初めに考えてはいましたが、それよりも「二人で新しくお店をスタートさせたい!やってみたい!」の方が先行し、リスクはありながらも走り出したのだとか。





美容室の片隅にちょこんと座ってこちらを伺うのは、看板猫の「ペーター」。
お店のオープンとほぼ同時期に飼うことになったのですが、当初旦那様はお店に連れてくることに消極的だったと言います。しかし日々の暮らしを共有していく中で愛着が湧き、今ではいないと寂しくなってしまうほどに…!
お客様からも愛され、「ペーターファン」もたくさんいるそうです。

地元の人たちに愛されるお店を目指して。



オープン当初は何のお店かわかりづらかったため集客に苦労したそうですが、ご近所の方の助けもあって徐々に認知されるようになったのだとか。

今ではハンバーガーショップと美容室を併設している相乗効果も生まれてきました。
美容室目当てに来られた方が今度はハンバーガーを食べに来て下さったり、ハンバーガーを食べた帰りに美容室の予約をしてくださる方がいらっしゃったり。

昨年は、毎年シーズン限定で屋台ストリートを開催している「梅小路ハイライン」に近所のお店さんたちと一緒に出店を行う等、地元の人やお店との交流を深めています。
これからも地域に根付き、地元の人たちに愛されるお店作りをしていきたいと語るご夫婦が築いていく、BURLESQUEのこれからに注目です。



いかがでしたか?
お店のあり方は千差万別。固定観念にとらわれず、自分たちのやりたいコト、モノ、をカタチにすればいいんですよね。
あなたの近くにもきっとある、珍しいお店。そこには店主のこだわりが、きっと詰まっていることでしょう。是非一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

<BURLESQUE>
〒600-8845
京都市下京区朱雀北ノ口町3
TEL:075-874-3651
【営業時間】
beautysalon:11:00~20:00(最終受付19:00)
eatspace:11:00-22:00
     ※現在は時短営業のため11:00~20:00(Lo.19:00)
定休日:木曜日、第2水曜日

▶HP
https://burlesquekyoto.wixsite.com/burlesque2015

▶Instagram
https://www.instagram.com/burlesque.kyoto/?hl=ja



 

一覧ページへ戻る

Shopping informaton

ページトップへ