ライフスタイルにキラリを届けます。インテリアショップキラリオ15,000円以上ご購入で送料無料

  • magazine
  • fb
  • tw
  • instagram

storyイメージ

暮らしの身近なSDGs。

Zero Waste Kyotoさんでスローショッピングを体験してみませんか?

こんにちは、Kirarioインテリアの北村です。

みなさんは食品や野菜のプラスチック包装をほんとうは使いたくないな、と思ったことはありませんか?
「使いたくないけどどうしたらいいの?」そんなモヤモヤを抱えていらっしゃる方もおられるのではないでしょうか。

今回ご紹介するのは、ごみを減らし地球にやさしい工夫をお店全体で表現されているセレクトショップ「Zero Waste Kyoto」さんです。
無駄なゴミを生み出さない Zero Waste をゴールに、懐かしくも新しい様々な取り組みをされている主宰の植良さんにお話を伺いました。

みなさんもZero Waste Kyotoでスローショッピング体験をされてみませんか?

まずは自分の身の回りから。



そう仰る主宰の植良さん。お店を立ち上げた経緯も「まずは自分の身の回りから。」が始まりだったそうです。
前職の会社でもSDGs関連の商品開発に関わってきた一方、多忙な日々での買い物中に、プラスチックで包装された食品などを手にしたとき、ご自身の生活とSDGsとのギャップに疑問を感じられていたようです。
そんな日常から、まずは自身の身の回りから次の世代に負担を残さないようにしたいと考え、次第に人の輪も広がり今のお店の形にたどり着いたそうです。

なぜ京都だったのかお伺いしたところ、献上品など質の高い食文化の歴史が長くあり、地域に根差した神社仏閣も多く、植良さんが大切にされているアーユルヴェーダの考えとも通ずるものがあったため京都での出店を決められたそうです。





アーユルヴェーダとは、インド・スリランカで生まれた約5000年の歴史を持つ伝統医療法であり、医学、仏教、哲学の融合から、自分の心と身体の状態を知り、健康的な生活を送るメソッドとも言えます。
2階にはアーユルヴェーダサロンもあり、施術のほか一人一人の体質・体調に合った、アーユルヴェーダのオイルを調合もされています。オイルの量り売りもうれしいですね。

ていねいに選ばれたものにはロスがない



お母さんの握ったおにぎりやお弁当は捨てられない。選ぶ食品のひとつひとつにストーリーがあり、作った人の思いがある。お客さんにもそのストーリーを伝え、「必要なものを必要なだけ」ていねいに選ぶスローショッピングをZero Waste Kyotoさんで体験してほしいとお話しされていました。
水のない土地から35年前ブルーベリー畑を作っていかれた紀伊國屋さん、土壌研究のノウハウから養蜂をはじめられたHoney.Kさんなど、繋がりのあるお店さんの話も植良さんからお聞きしました。確かに、食品にまつわるストーリーを知ると普段スーパーで買い物するときとは違った特別な思いが沸いてきますね。



お店に並ぶ商品一つ一つに背景や想いがあります。商品のストーリーを店員さんから教えてもらえることもスローショッピング体験の魅力の一つですね。


小さな循環を作ること





Zero Waste Kyotoさんにはごみを減らしたり、地球にやさしい工夫がたくさんあります。
商品の多くは量り売りになっていて、自分で容器を持ち込んで好きな商品を必要な分だけ買うことができます。お買い物をして、なくなったらまた容器をもってお店に行って、これも一つの循環ですね。
容器がないお客様は、生分解性の容器や再利用可能な容器など、お店で購入して使うこともできますよ。
お野菜が新聞に包まれて販売されていたり、水を張った桶から持参した容器にお豆腐を購入できたり、昔は当たり前だった買い物の仕方が懐かしくも新しい買い物の形としてお店全体で提案されています。

ほかにもZero Waste Kyotoさんでは、食品の調理や加工で出た生ごみはコンポストへ入れ、堆肥を作り、農家さんへの提供を行っていたり、お店で出たコーヒーかすを業者の方に提供し堆肥などの再利用に使ってもらっているそうです。
お店から始められる小さな循環をつくることを心がけていると植良さんはお話しされていました。
作り手から販売、さらにその先まで素敵な循環ができています。




特に私が気になっていたのはこの納豆サブスク。納豆といえば白いプラスチックの使い捨て容器を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。
Zero Waste Kyotoさんの納豆サブスクは、最初に容器と納豆を購入し、食べ終わったら容器をもってお店に行きまた納豆を購入できるというもの。中には2種類の納豆が入っています。お弁当みたいな容器もかわいいですね!









いかがでしたか?
自分の身の回りから始められるごみを減らす工夫はみつかったでしょうか?
ここでは書ききれないほど、一つ一つの商品に素敵なストーリーがあります。ぜひZero Waste Kyotoさんへ足を運んで、スローショッピング体験をしてみてくださいね♪


<Zero Waste Kyoto>
〒604-0993 京都府京都市中京区久遠院前町673-1
営業時間:10:00〜20:00
定休日:月曜日
Instagram: https://www.instagram.com/zerowastekyoto/
ホームページ: https://zerowaste.kyoto/


 

一覧ページへ戻る

Shopping informaton

ページトップへ