ライフスタイルにキラリを届けます。インテリアショップキラリオ15,000円以上ご購入で送料無料

  • magazine
  • fb
  • tw
  • instagram

storyイメージ

新しい仕入先様のことを
知るために、倉庫を訪問。

キラリオインテリアの竹中です。
本日は、先日訪問した新しくお取引を開始する商社様にお伺いした様子をお届けします。


まず、案内をされたのが何万点という商品が保管、管理されている巨大な倉庫。
全国のメーカー様の多岐にわたる雑貨や食器、家具に至るまでの商品がが巨大な倉庫に一括管理。
1日に9000商品ほどが出荷されるそうです。


でも、スタッフの方の人数はそれほど多くなくシステムで管理され少人数で運営されていることにもびっくり。


それでは順を追ってご説明します。


〇メーカー毎に管理された棚

storyイメージ


メーカー毎に並んだ棚には、商品がきれいに陳列されて商品コードなどで管理されているので、注文が入ればすぐにピッキングができる状態になっています。

storyイメージ


〇ピッキング
注文が入った商品を取り出す“ピッキング”。
ここで間違えた商品を取り出してしまうと大変、、
確認をしながら、商品を専用のボックスに入れていく大事な作業。

storyイメージ


大きいものは、フォークリフトで商品をピッキング。

storyイメージ


ピッキングした商品を出荷作業のラインに。
商品サイズによって梱包する段ボールのサイズも違いますので様々な大きさの段ボールがたくさん積まれています。

ここで私がチェックしたのは、段ボールの“きれいさ”。

お客様のお手元に商品に届いたときに段ボールが汚かったら構嫌な気分になりますよね。
私もネットで何かを買ったときに段ボールが汚かったら店への印象にもつながる経験がありますので。

storyイメージ


簡単にはなりますが、新しいお取引様の倉庫の中でも流れをご紹介させて頂きましたが、管理方法やITなどびっくりしたことはたくさんあったのですが、一番驚いたのはスタッフの方のホスピタリティーの高さ。


倉庫で働いている方に会うたびに、「こんにちは」とこちらが元気になるくらいの挨拶をしてくれます。

1人ではなく、会う人全員がです。

普段から、スタッフの方への教育がきちんとされていることを感じることができ、より信頼感が高まりました。


新しくお取引をさせていただくこちらの商社様と末永くお付き合いをしたい!
と思えた瞬間でした。

 

一覧ページへ戻る

ページトップへ