ライフスタイルにキラリを届けます。インテリアショップキラリオ15,000円以上ご購入で送料無料

  • magazine
  • fb
  • tw
  • instagram

storyイメージ

床を傷つけないための
対策と工夫

キラリオインテリアの竹中です。
新しいお住まいに引っ越しをされたり、新しい家具をご購入される方が多くなる新生活シーズンのこの時期。

お客さまから

「床(フローリング)に傷がつかないようするためにはどうしたらよいでしょうか?」

というご質問を多くいただきます。


家具を置く床といってもいくつも種類があり、天然木を使ったフローリングから木目調のシートを使ったもの、塩化ビニールを使用したクッションフロアー、畳、コルクなどさまざま。

それでは、床を傷つけないようにどんな工夫ができるのかをご紹介していきたいと思います。


まず、脚部の裏にクッションフェルト材を貼る。


storyイメージ


フェルト材を貼るだけで、家具を動かした時の擦り傷などを軽減したり、マンションなどでは下層階への防音効果などもあるクッション材です。
最近の家具は、フェルト材が標準で付いていたり、付属で付いていたりするものが多くなってきていますが、仮に付いていなくてもホームセンターや100均などでも手軽に購入することができる便利なアイテムです。


次にキャップを付ける。


キャップもいくつか種類があり、プラスチック製のキャップや布製のキャップなどさまざま。
こちらもホームセンターなどで手軽に購入することができます。
見た目のデザインを少し損ねる可能性がありますが、床を傷つけることの防止にはなるアイテムです。


storyイメージ


storyイメージ


storyイメージ


最後に、ラグマットを敷く。


storyイメージ


例えば、椅子の出し入れが多いダイニングや、ワークスペースのデスク前など、利用頻度が高い場所などでのご使用をおススメします。


storyイメージ


例えば、ワークスペースなどで使うチェアーのキャスター部分は、多くがプラスチック製。
床に極わずかでもゴミが落ちていてキャスターがそのゴミを巻き込み、そこに人が座り荷重がかかればキャスターに付着してしまいます。
細かく見れば、キャスターにゴミが付着していて凹凸がある状態に。
気づかずに、キャスターをコロコロすればその時点で床に傷が付いてしまいます。
ですので、ワークスペースで床に傷を付けたくないという方は、ラグを敷くことをおススメします。



さて、本日のキラリオマガジンはいかがだったでしょうか?
家具を購入される際や検討される際に、気になる点などがありましたらお気軽にカスタマースタッフまでお問い合わせくださいませ。

 

一覧ページへ戻る

ページトップへ