ライフスタイルにキラリを届けます。インテリアショップキラリオ15,000円以上ご購入で送料無料

  • magazine
  • fb
  • tw
  • instagram

storyイメージ

丸、楕円形、半円形。
いま、丸型ダイニングテーブルが人気♪

食卓を囲むダイニングテーブルの定番は長方形。

しかし最近、円形や楕円形、はたまたキッチンカウンターなどに付けることができる半円形などの“円形”テーブルが人気。

角となる部分がありませんので、テーブルを広く使えることがメリット。

お友達などの急な来客などのときもスツールなどをサッとおけば結構な人数が食卓を囲むことができるのもポイント♪

今、キラリオインテリアでどんな円形テーブルが人気があるのかを今回はお届けします。

是非参考にしてくださいませ。



〇美しい木目が特徴のオーク材を使用した3人から4人家族でご使用いただくのにちょうどいい直径120cmのダイニングテーブル。

イメージ画像

>>>円形ダイニングテーブル Note(ノート)直径120cmタイプ


円形テーブルの特徴は、角がない分、お部屋全体を優しい雰囲気にしてくれるところが魅力。

そして友人などの来客の時なども角に座ることができるので、人数が増えても柔軟に対応ができます。

家族や友人などとの団らんを楽しむことができるダイニングテーブルです。



〇オーク突板を使用した幅102.5cmの半円形ダイニングテーブル

イメージ画像

>>>半円形ダイニングテーブル SEAR(シアー)


キッチンのカウンタ―に寄せて配置したり、壁側に寄せて配置したり、ソファーの背面に寄せて配置したりと家族がお食事をする場所“食卓”のバリエーションが増えるのが半円形テーブル



〇マットな質感のアイアンフレームをハの字型にデザインをした脚部が特徴の幅160cmの楕円形ダイニングテーブル

イメージ画像

イメージ画像

>>>ダイニングテーブル EarL(アール)


木の素材を再現したヴィンテージ感を演出するEarL(アール)シリーズ。おうちにいながらカフェのようなおしゃれなダイニングを演出してくれますよ。



〇片側の角を丸めたユニークな円形デザインは、お部屋になじみやすく、お部屋の間取りやライフスタイルの変化にも対応ができるダイニングテーブル

イメージ画像

イメージ画像

イメージ画像

>>>半円形ダイニングテーブル Fritt(フリット)ホワイトタイプ

ダイニングの中央に置くのもいいですが、直線面をキッチンカウンターや壁付けにすれば狭い空間にもしっくりなじむうえ、角がないので圧迫感がなく、生活動線も邪魔しません。

丸みをもたせたやさしいフォルムが魅力のダイニングテーブル。

曲線に沿って座ることで、自然に話しやすい距離に。

角が少ないので家族が増えたり、お友達が遊びに来たりした時でも、人数が増えてもみんなで食卓を囲めるのが円形の特徴。

丸みのある天板に丸脚で、幕板もありませんので、小さなお子様がおられるご家庭でも安心してご使用いただけます。

 

一覧ページへ戻る

ページトップへ