ライフスタイルにキラリを届けます。インテリアショップキラリオ15,000円以上ご購入で送料無料

  • magazine
  • fb
  • tw
  • instagram

storyイメージ

滋賀県信楽町の陶器市を散策♪


キラリオインテリアの竹中です。
先日のお休みを利用して、滋賀県信楽町で開催されていた陶器市に行ってきた様子をお届けします。
自社の撮影スタジオで家具をコーディネートして、より魅力的にするアイテムとして、陶器などの器は結構重要。

時間を見つけては、陶器市や窯元、陶芸作家の方のお店などに行って、キラリオに合いそうなもの探しております。

ちなみに“信楽 ” とは、日本六古窯の一つ。
陶磁器の産地として有名で、たぬきの焼き物を思い出す方も多いのではないでしょうか。


storyイメージ

信楽高原鉄道の終点が「信楽駅」。
駅を出ると高さ5mの大狸の置物があったり、道筋には大小さまざまなユーモラスな狸の置物が並ぶ町の光景は、他では見られない焼き物の里。


storyイメージ

この日は、信楽駅前の広場と信楽駅から車で5分ほどにある“陶芸の森”の2ヵ所で陶器市が開催されていました。


storyイメージ

まずは、信楽駅前で開催されている陶器市へ。
恒例のイベントらしいのですが、私は初参加。
駅前には30点ほどの窯元さまがブースをが出店されていて、茶碗やお皿、花器などの日用品が定価の2~3割引き。
どっさりと積まれた陶器の中から掘り出しものやお気に入りを探すのがとても楽しい♪


storyイメージ

会場を行ったり来たり…。
手にとって、じっくり吟味しながら選ぶのも、楽しみのひとつですが地元のおいしいものが食べられるフードコーナーもあり家族で行くのもおすすめです!


storyイメージ

3点ほど、珈琲カップとお皿などを購入したのちに、次の会場「陶芸の森」へ。
こちらの会場は「陶芸作家市」と称されて全国からの陶芸作家さんが集まり、展示即売をするイベントです。


storyイメージ

作家さんのブースは約100ほど、大勢の作家さんからなる大規模なクラフト市です。
一堂に全国の作家さんの作品を見ることができるので、個人的にはこちらのイベントの方が好きでした。


storyイメージ

storyイメージ

storyイメージ

今回、訪問した陶器市で見つけたお気に入りの珈琲カップやお皿、花瓶などをこれからの撮影シーンで使っていくことにワクワクしながら家路に。

キラリオがお届けする商品ページの中に使われているアイテムも是非チェックして下さいね。

 

一覧ページへ戻る

ページトップへ