ライフスタイルにキラリを届けます。インテリアショップキラリオ15,000円以上ご購入で送料無料

  • magazine
  • fb
  • tw
  • instagram

動画を見てお買い物

「手あと」の残る仕事。金工作家・Ren。〜毎日当たり前のように使っている暮らしの道具。カトラリー、器、照明など。暮らしに欠かすことができない道具を作り続ける職人に会ってきました。〜

公開日 : 2020.08.01

  • all
  • インタビュー
  • つくる暮らし

日本では、弥生時代初期の紀元前200年頃から金属を加工することで様々な工芸品(金工品)が作られてきました。古くは馬具や剣・鏡などの装飾から鍋やはさみ、カトラリーといった実用品に至るまで。実は身近なところで触れる機会も多く、生活を豊かにするために必要な存在である金工品たち。

今回は、京都に工房を構える金工作家・Renさんをご紹介しながら、金工品の魅力にも迫っていきたいと思います。

動画一覧を見る

ページトップへ